注文住宅であれこれ余計なものをつけてしまった

静岡で新築一戸建てを建てたのですが、「こうしておけば良かったと」思う事はいくつかありますよ。やっぱり「マイホームは一生に一度の大きな買い物」なわけですし、後から付け足すよりもあらかじめ用意しておいた方が、金銭面でも時間においても「良い」とされていますしね。

ですから、最初にいろいろなものをつけ過ぎてしまったのですよね。まず大きなひとつは「床暖房」ですね。リビングルームの床下には床暖房を入れておいたのですが、リビングルームには大きめのラグを敷いていますし、もともとの貧乏性もあいまってほとんど床暖房を使っていませんから。床暖房がなくても暮らしていけていますからね。

他には、必要以上に作ってもらった感のある「棚」も要らなかったかも…と思っています。トイレや洗面所にちょっとした収納スペースに〜と、棚を作ってもらったのですがあまり使っていませんから。まあこれに関しては今後使うかも知れませんが。いや、築10年越えで使っていないので、使わない可能性の方が大きいかも知れません。