注文住宅プレッシャー

当初はハウスメーカーでのマイホーム建設を予定していたものの、「間取りの変更はどうしてもできない」ということで、結局ハウスメーカーでマイホームを建てることを断念したことがあります。

ハウスメーカーの場合ですと、どうしても既存の設計図をもとに住宅を建てなくてはならないものですから、そこで折り合いがどうしてもつかなかったのですよね。ですから結局はハウスメーカーでマイホームを建てることを断念したというものなのです。

注文住宅となりますと、やっぱり自分で決めなくてはならない範囲がドカンと広がってしまいますので、できれば避けたかったのですが…。できれば、既存の住宅で要所要所でこちらの希望を取り入れてもらって、マイホームを建てたかったのです。

しかし話を持っていったハウスメーカー側が、やはりどうしても「間取りの変更」はできないということで…。ですから散々迷いはしましたが「自分たちで建てよう」という結論に達しました。実はこの結論が一番迷ったかも知れません。

既存の住宅に比べますと、注文住宅の場合は考える範囲がドカンと広がりますからね。いいところも多い注文住宅なのですが、注文住宅で建てると決めた途端に、大きなプレッシャーを感じました。