注文住宅は持ち込み可能なので良い

注文住宅の場合、当たり前ですけれど自分たちで間取りを決められるわけです。ハウスメーカーが建てた建売住宅や既存の住宅のように、ガッツリ決められた間取りではありませんから、自分たちの好きなように間取りをつくっていけるのです。それが注文住宅の魅力だと言えるでしょう。

そしてまた、間取りを自由につくることができるだけではなく、自分たちで「持ち込み」が可能なところも、注文住宅の良いところだと言えるでしょうか。いわゆる「施主支給」と言われる範囲が注文住宅の場合はとても広いのですよね。

まあもっとも、ハウスメーカーの建売住宅などの場合は、施主支給はほとんど受け入れていませんので、注文住宅の場合が無限ぐらいに感じることなのですが。ハウスメーカーの場合ですと、施主支給できるのは、ブランドなどの遮光器具や電球ぐらいなものですから。

しかし注文住宅の場合ですと、施主支給の範囲は無限とも言えますから、ですからこそ節約へとつながるのです。注文住宅は設計費用の分、高めな費用にもなりがちですから、しっかりと節約できるところで節約していきたいものですからね。