注文住宅で成功したところと言えば、「西側の窓を小さめにすることができた」ところですね。これがハウスメーカーで既にかっちりとデザインされた住宅だったり、建売住宅の場合ですと、設備はいくつかの選択肢の中から選ぶことができても、さすがに窓の大きさまでは好みの大きさにできなかったと思いますから。

そして、住宅の設計士さんというものは、窓をやたらと大きくとりたがるのですよね。いや、私の印象だけかも知れませんけれど。「家の中にたくさんの光りを入れよう!」という意識のもと、やはり窓が大きくできる余地があれば、しっかりと大きめの窓がつけられていますからね。

けれどもはっきりと言ってしまえば、西側に大きな窓なんて必要ありませんから。いや幼少期からの体験をもとに言っていますけれど、夕方に太陽が差し込んでも迷惑なだけですし、それに今は家の中に当然照明がある時代ですから、必要がないかと思いまして西側の窓を小さめに変えてもらいました。

そしてこのことは住み始めてからも「成功した!」と思ったポイントになりましたね。やっぱり西日は必要ないですから、西側の窓は最低限の大きさでいいです。