注文住宅での削る勇気

注文住宅では「削っていく勇気」も必要だと思います。漆喰の壁を削っていくとかそういう意味ではありません。なんのことはなく、どうしても必要というわけではない部分を削っていくということです。

まあ、お金が無限大にあり注文住宅を建てるための費用も上限無しというセレブな方ならば関係のない話でしょうけれど、私のようにマイホームに出せる予算が決まっているような人間は、注文住宅の費用を予算内におさめるために、四苦八苦しましたから。

注文住宅において、確かに「理想の家」実現のために上限を設けずにとことんまで理想を入れていくのも良いとは思うのですけれど、しかしながら建てた後で住宅ローンの返済に苦しめられているようでは、せっかく建てたマイホームでの生活だってストレスが表れてしまいますからね。

ですからこそ、やはり「削る勇気」も必要なのです。譲れないポイントは残しつつも、不必要な部分は削っていくということです。たとえば、「キッチンのスペックは落とさない代わりに、造作家具をひとつ減らして既製品のものを入れる」といったように。

そこは注文住宅の強みで工夫次第で建設費要は節約することができますから。ですから「削る勇気」も持って、注文住宅での家づくりにのぞみましょう。