屋内土間付の勝手口

3年前に主人の静岡の実家近くに空き土地が出来たという事で古家付きではありましたが購入しました。
土地代だけでなく古家の解体費用もかかりましたが、やっと静岡で新築注文住宅を建てました。

あってよかったと思ったのは屋内土間付の勝手口を付けたことです。
ゴミ出しをするのに勝手口は必須だったのですが勝手口ってドアを開けて外にサンダルを置くのがステイタスになっていますが私は敢えて内側にコンクリートで土間を作ってもらいました。
内側にサンダルを置くことで風で飛ばされたり雨で濡れたりすることがありません。
土間には土付きの野菜を置いたりゴミ出しの日にゴミを用意したり便利です。
多少濡れたり汚れても気になりません。
失敗したと思ったのは当時子供は幼児だったので、電気のスイッチを低めに付けたり、洗面台とキッチンに備え付けの収納タイプの踏み台を付けてしまった事です。
これは設計士さんのアイデアでしたが当然ながら子供って成長します。
小学生になった今では踏み台は使うことないですしスイッチのON・OFFも家族は慣れていますがお客さんが来た時など決まって「どうしてこんなに低いの?」と質問されて恥ずかしいです。

失敗したと思ったのはこれだけですが概ね満足しています。