もっと大きな家にしたかった

新築で注文住宅を選ぶ方の大半は、自分好みの自分らしい、他の家と違った家を作りたいと希望する方々だと思います。

設計を行うまでは、こんな家にしたいと思いをはせるのですが、契約を行うと次々と計画を立てられ、ゆっくり考えている暇がありません。「この日までに、ここを決めてください」「この日を過ぎるとキャンペーンが過ぎるので今の価格より高くなります」などなど、とにかく追い立てられます。

工務店の場合は逆に他のお客が立て込んでいて、なかなか打ち合わせすら行えないという状況になることもあるかもしれません。しかし、メーカーの場合は、着工から完成まで短期間で行うため、お客側が追い立てられる事があり、楽しいマイホーム作りのはずが、苦痛に変わってしまいます。

また「こうしたい」というこだわりも、ちょっとした変更で価格がドンとあがったり、変更を言いにくくなってきてしまい、妥協してしまいます。一番の後悔は「もっと大きな家にしたかった」ということなのですが、設計もほぼ完了していたため、言いだせなかった事です。今でも見積もりだけでも出してもらえば良かったと後悔しています。

一番の反省点は、一生で大きな買い物をするのだから、ずうずうしくいけば良かったということです。そして、もっと余裕があればよかったのにと後悔してもしきれません。