フローリング

注文住宅で失敗したところと言えばフローリングですね。フローリングの色も選ぶことができたのですが、私の旦那の趣味で落ち着いたダークブラウンのフローリングにしてしまったのですよね。「…してしまった」と言いつつも、注文住宅を設計当時の私もダークブラウンのフローリングについて賛成をしていましたし、とくに反対の気持ちなどありませんでした。

けれども実際に完成した家に住んでみて、ものすっごく後悔しましたね。いや、現在進行形の後悔なのですけれど…。だって、濃いめのフローリングの色ですから、ほこりが目立って仕方ないのですよね…。日の光りが入っている日中は、床のほこりが目立って仕方ないのですから。けれども帰宅をするのは夜ですからあまり気がつかず、そして朝になれば「あー、埃たまっているなー」と思いながら出勤をしてくという毎日です。

職場の人も言っていたのですが、これが白とか薄い茶色的な色味の薄いフローリングを選んでおけば、ほこりも目立たないということなのですよね。掃除をこまめにするキレイ好きでもないのに、このフローリングの色は失敗しました。