家づくりは妥協することが大事である

家づくりをするためには、妥協も必要だということを心に留めておくことだと思います。はっきりと言ってしまえば、家づくりでの妥協ができないばかりに、夫婦が離婚となることだってありますからね。

そりゃあ、予算が3兆円だとかどこまでも限りなく使うことができるぐらいあれば、家づくりにおいても妥協することなんてないでしょう。しかしながらほぼすべての人は家づくりにそこまでの大金は使うことはできませんからね。オリンピックで使用するわけでも、税金を投入できるわけでもないのですから。

やはり限られた予算のなかで家づくりをおこなうのですから、妥協することはとても大切なことですよ。お金だけのことではありませんが、住宅設備にしても外構のデザインにしましても、夫婦双方の意見がすれ違ってしまったとしたら、やはりちょうどいいところで妥協することが大事なのです。

家づくりにしても何にしても、妥協は悪いことではありませんから。妥協せずに仲違いする方が家づくりにおいても本末転倒というものでしょう。