月別アーカイブ: 2016年12月

一戸建て住宅に対する日当たりを確認

一戸建てにいざ居住すると、住み心地に関するトラブルが生じるケースがたまにあります。日照権などは、それに該当するのです。そもそも住宅によっては、あまり日当たりが良くないこともあります。日当たりがかなり限定されてしまい、快適でないと公開してしまうケースもあるわけです。

それを防ぐためには、やはり土地見学の段階で、よく日当たりを確認しておくことが望ましいです。まず、土地物件の周囲に、高い建物が経っていないか否かは確認しておくべきでしょう。当然ながら土地物件の近くに高層住宅が立地していれば、日照が大きく限定されたしまう確率が高いです。できれば周囲に高い建物がない物件を選ぶと良いでしょう。

しかし、中には例外もあります。一見すると近くに高い建物がたっていても、いざ住んでみると問題ないケースもあるからです。高層住宅が土地物件から多少離れていれば、特に問題ないケースも目立ちます。一般的には、距離が高さの2倍になっているか否かです。高さが10メートルで、距離が25メートルも離れていれば、たいてい問題ないです。

我が家の注文住宅の後悔

注文住宅を建てた際に、両親から結構の援助をもらいました。

後、自分たちは無垢材の好みで、木のお家に注文住宅を建ててもらいました。

木の家はやはり、木のぬくもり、存在感そして、木の独特なかおりが、最初からとても気に入っていた。新築住宅を建てたから、最初はとても気を付けて、新しいものを傷つけたくない心で、細心の注意を払って過ごしました。でも、生活は生活、お料理する時は油や煙が出るし、コーヒーを飲むとき溢したりすることもありました。フローリングも木なので、そのコーヒーや醤油の痕が残してしまいました。

一番気にするところは、窓のサッシでした。

意外と思う人が多いと思いますが、私も最初そうだった。サッシなんか気にすると思わなかったです。

木のお家だから、木のサッシを付けたほうが見た目的には会うと思い、木のサッシにしてもらいました。大手のハウスメーカーなので、その木のサッシは特注の輸入製品となりました。しかし、この前、このサッシが開けなくなって、メーカーの人を呼んで、修理してもらったところ、木だから、定期的に保養が必要です、じゃないとやはり雨、風等の浸食などで変形したりする可能性が多いと初めて知っていました。ちなみに、一枚窓を交換するのに、30万円かかるといわれました。輸入品かつ特注なので、仕方がないと言われました。最悪でした。

小さなお子様が居るなら通学路はよく確認

家作りを行う方々の状況もいろいろで、中には小さなお子様をお持ちの方々も見られます。そういった方々の場合は、単純に住宅の住み心地の良さだけを優先するのではなく、ほかにもいくつか確認をしておくべき点があります。その一つとして、通学路に関する状況があるのです。
小さなお子様がいる場合、小学校などに通学ことになるでしょう。それで通学路に関する状況は問題ないか否かは、よく確認することが望ましいです。子どもの労力や万一の事態に関わってくるからです。
まず自宅からの距離などは、明らかに重要なポイントになります。当然ながら子供の目線からすると、自宅から学校まで近いほうが望ましいわけです。家が学校から遠く離れていないか否かは、よく確認しておく方が良いでしょう。
また案外と盲点になりがちですが、通学路が安全か否かという問題もあります。車の往来が多い道ですと、子供に万が一の事態が生じる確率も高まるでしょう。やはり安全な確保できる物件が、総じて望ましいと言えます。