月別アーカイブ: 2016年10月

取り扱うメーカーの増える注文住宅

注文住宅を取り扱っているメーカーは、年々増えてきているのではないかと考えられています。様々なハウスメーカーや住宅関連の企業が、新たな注文住宅の建築を請け負うようになり、このような動きが生じているのではないかと推測されています。

注文住宅を新たに建てたいと考える世帯は多くなりつつあることから、注文住宅を取り扱う会社が多くなることは、概ね歓迎されているとみられています。

このような傾向は、全国的な規模で確認されているとみられており、注文住宅の着工数が断続的に増えることに繋がっています。間取りや外観などをオーダーできる強みが注文住宅にはあり、需要が伸びる可能性もあることから取り扱うメーカーが増えているのではないかと思います。

今後も注文住宅の建築を請け負うハウスメーカーが、より一層多くなるのではないかと予測されています。そのため、これまでよりも更に高い頻度で、新たな注文住宅の建築が展開されると見込まれています。

希望の内装を実現できる注文住宅

今回は注文住宅についてお話します。

静岡で注文住宅で新築することで、希望する内装のイメージを実現させることができるのではないかと考えられています。このような特徴は、多くの注文住宅において見受けられていると考えられているため、希望している内装を具現化して家を建てられているのではないかと推測されています。このようなメリットを希望して、注文住宅を建てようとする人も数多く見受けられていることから、昨今強い関心が寄せられているのではないかと思います。

以前に比べると、多くの方面で注文住宅を建てたいと希望する人が飛躍的に増加しているのではないでしょうか。その要因として、希望する内装を実現できるケースが多いことが度々挙げられており、注目を集めているのではないかと考えられています。今後も注文住宅で新築を建て、希望する内装を実現させることのできる可能性が高くなるのではないでしょうか。そのため、現在よりも多くの注文住宅が実際に建築されていくのではないかと予測されています。

家づくりは妥協することが大事である

家づくりをするためには、妥協も必要だということを心に留めておくことだと思います。はっきりと言ってしまえば、家づくりでの妥協ができないばかりに、夫婦が離婚となることだってありますからね。

そりゃあ、予算が3兆円だとかどこまでも限りなく使うことができるぐらいあれば、家づくりにおいても妥協することなんてないでしょう。しかしながらほぼすべての人は家づくりにそこまでの大金は使うことはできませんからね。オリンピックで使用するわけでも、税金を投入できるわけでもないのですから。

やはり限られた予算のなかで家づくりをおこなうのですから、妥協することはとても大切なことですよ。お金だけのことではありませんが、住宅設備にしても外構のデザインにしましても、夫婦双方の意見がすれ違ってしまったとしたら、やはりちょうどいいところで妥協することが大事なのです。

家づくりにしても何にしても、妥協は悪いことではありませんから。妥協せずに仲違いする方が家づくりにおいても本末転倒というものでしょう。

お願いしたいことはお願いする!

6年前に、都内に狭小な土地を購入し住宅を建てました。
反省は建築士とのコミュニケーションをあまりとらなかったことです。

家族が信頼している占い師がかなり細かく指示をしてくれたおかげで、土地探しに数カ月かかり、かなり疲れてしまっていて家をどこのメーカーで建てるか、注文住宅を建てるのか、考える気力がなくなってしまっていました。

そこで契約した不動産屋が紹介してくれた普通の工務店にお願いしたのですが、
常識的に「隣の家と窓が被らないように配慮すべきものなので、設計士の人がチェックしてくれるだろう」と勝手に思っていて、改めて設計士の方にお願いするのも釈迦に説法だと思い、お話しせずにお任せしてしまいました。

実際に家が建つと、隣家の方から「うちと同じ位置に窓があるので使わないでほしい」とクレームが。見ると、隣家の窓の位置とがっつりかぶっていました。後から建てる側は窓が同じ位置に来ないように作るのは常識だと思っていましたが、失礼だと思ってもちゃんとお話しすべきでした。

お風呂に入りながら窓を開けたいと思っていたのですが、
お隣の家の子供部屋に面していて、とても開けては入れないです。
せっかく念注文住宅で建てたのに残念です。

プロの意見は従った方が良い

夢のマイホームとなれば、自分の思うように建てたいですよね。下手したらそこに死ぬまで住むのですから。もちろん自分の理想を叶えるのは大事ですが、私は不動産屋の意見も取り入れることが重要だと思いました。
家を建てた時、私は家の屋根は「となりのトトロ」に出てくる家のようにしたくて、色の限定をしていました。しかし、色々と周りの外観が決まってきて絵として実際に出てきた時、営業マンの方から「それは合わないかもしれません」と言いにくいことを言ってくれたのです。旦那もその意見に同感で、多数決でそうならそうかもしれないと私が折れました。
そこまで熱望していたわけではなかったのですが、こうやって意見が割れた時こそ冷静にならないと良い家づくりはできないと思います。注文住宅を作る多くの方が自分一人だけの家ではないと思うので、家族全員が納得できるような家にするためにそれぞれが意見をまとめる必要があります。協力することで素早く家の外観は決まりました。

様々なものが存在する注文住宅

注文住宅は、様々なデザインのものが存在するようになり始めているのではないかと推測されています。

そのため、希望するデザインの住宅を、この注文住宅の形式で実現できる可能性は非常にに高いと言えるのではないでしょうか。近年はこのような形式で住宅を新築することが普遍的なものとして認識されていることから、希望する外観やデザインを形にすることが望ましい方法のひとつとして考えられているのではないかと思います。

住宅メーカーにおいても、注文住宅の形式によって希望されているデザインを実現させることに注力しています。これまでにない新たなデザインの住宅も次々に見受けられるようになり、多くの方面で話題のひとつとして取り上げられています。積極的にニューデザインの注文住宅を手掛けようとする流れも確立されているため、このような傾向に拍車が掛けられています。

今後も同様の傾向が維持され、様々なデザインの注文住宅が見受けられるのではないかと思います。ちなみに、我が家は静岡で注文住宅を建てるました。今でも、注文で良かったと思います。

 

連日話し合いも覚悟して

私は旦那も働いているので共働き夫婦なのですが、その中で注文住宅を建てる計画を立てました。そこであらかじめそうなるだろうなと予測はしていたのですが、最初にはたくさんの会社が訪ねてきてその話を聞くのに時間を取られました。
仕事から帰ってきて、ご飯を食べてすぐ夜の時間帯に会議がまたあるような状況だったので、正直疲れました。もし片方が働いている状態だとしても2人そろわないと話し合いは進みませんので、これについては少し覚悟しておいた方が良いかと思います。会社を1つに絞った後も、より詳細についての説明があるので建て始めるまでが大変です。
ですが、夢のマイホームの姿が段々と出来上がってくると楽しい面もあり、その時期だけ頑張ろうと思えました。これから注文住宅を建てようと思っている方がいましたら、この話し合いはあまり根を詰めすぎず、適度に休めるようスケジュールを組んだ方が良いかと思います。ここでイライラしてはせっかくの夢に向かっているのに台無しになりますからね。